上 昌広 @ manekomi

医療ガバナンス研究所理事長 1993年東京大学医学部卒。1999年同大学院修了。医学博士。虎の門病院、国立がんセンターにて造血器悪性腫瘍の臨床および研究に従事。2005年より東京大学医科学研究所探索医療ヒューマンネットワークシステム(現・先端医療社会コミュニケーションシステム)を主宰し医療ガバナンスを研究。 2016年より特定非営利活動法人・医療ガバナンス研究所理事長。おもな著書に『日本のコロナ対策はなぜ迷走するのか』(毎日新聞出版)など。

This article is a sponsored article by
''.