人生100年時代といわれる昨今。長寿命化は喜ばしいことですが、現在まだ29歳の著者でさえも、老後には漠然とした不安があります。というのも、65歳で定年退職後の35年間を1カ月25万円で生活した場合、そのうち例えば17万円を年金で賄ったとしても約3,000万円ものコストがかかります。……目を覆いたくなるような金額ですよね?

悠々自適……とまではいかずとも、お金の不安に怯える老後は送りたくない。となれば、今のうちから資産運用などでコツコツお金を蓄えておくしかなさそうです。しかし、筆者は投資未経験。投資にまつわる情報やメソッド、噂話を聞いても今一つピンと来ません。

そこで、この連載では筆者のような投資ビギナーが思う「投資についての素朴な疑問」をプロにビシッと答えていただきたいと思います。

「素人が覗く!トウシの真相」の第1回のテーマは「絶対に儲かる投資」ってあるの?です。

お話を聞いた人

山口京子さん

大学時代からテレビ・ラジオに出演。2000年、「これからはお金を紹介する人になろう!」とFP資格を取得。テレビ番組『ミヤネ屋』『バイキング』などでお金の情報をやさしく解説。近著は、誰でもできるドキドキしない投資法を書いた『なまけものが得をするワンコインつみたて投資術』(ダイヤモンド社)。

ウェブサイト

100万円のリターンは10円?

画像2: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

投資については全くの素人ですが、よろしくお願いします。さっそくですが、今日はズバリ聞かせてください。「絶対に利益が出る投資」ってあるんでしょうか?

画像3: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

素人さんは大歓迎です!そうですねぇ…。ハッキリ言うと、あるにはあります(笑)。

画像4: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

え、あるんですか? ぜひ教えてください!!

画像5: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

では、まず小野さん。メガバンクの普通預金のリターン金利って何%かご存知ですか?

画像6: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

(投資と関係あるのでしょうか?)……ええっと、3%…くらい?

画像: 100万円のリターンは10円?
画像7: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

説明しがいがあって良いですね! 正解は「0.001%」です。つまり、普通預金に100万円を1年間預けたとしても、税引き前で10円のリターンしか得られないんですよ。税金引かれたら7円!

画像8: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

……少ない!

画像9: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

そう、とっても少ないですよね。ただ「絶対に利益が出る」ことを踏まえて考えた場合、「預貯金」は選択肢のひとつになるんですよ。とはいえ、ATM手数料でなくなってしまう程度ですが。

画像10: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

なるほど。だから「あるにはある」ってことだったんですね。でも、そのリターンだけでは全く老後資金の足しにならないですね…。

画像11: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

そうなんです。きっと、小野さんがイメージしている投資の利益は、もっと大きいお金なはず。となると、別の方法でないといけませんね。まずは、様々な資産運用の種類を確認しておきましょう。

リターンが高いものは、リスクも高い

画像12: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

「絶対に利益が出る」という意味での「絶対に」というのは、「リスクが限りなくゼロに近い」こと。どの商品にもリスクとリターンはあります。おそらく「リスク」と聞くと、危険なイメージを持たれると思いますが、資産運用においてリスクとは「ブレ幅(※)」のことを意味します。

※ブレ幅…価格の振れ幅(値動きの大きさ)のこと。あくまで、リスクとは「投資によって損失を被る可能性」ではなく、「結果がわからない不確実性」を指す。そのため、マイナスだけではなく、プラスもある。

画像13: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

つまり、「預貯金」はブレ幅が小さいと?

画像14: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

そう、「預貯金」にはブレ幅がほとんどありません。リスクが低いものは、期待できるリターンも小さいんです。一方で「株式」は高いリターンを期待する代わりに、大きなリスクも受け入れなければいけません。

〈図〉リスクとリターンの関係

画像1: リターンが高いものは、リスクも高い
画像15: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

「債券」と「投資信託」は、どんな商品ですか?

画像16: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

「債券」とは国や政府、地方公共団体、企業などが資金を調達するために発行するもの。“満期”というものが存在して、基本的には満期まで所持していれば、必ず利益が出ます。ただし…。

画像17: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

リターンは少ない…?

画像18: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

はい、そうですね! 日本政府が発行するの「固定5年国債」(第 107 回債)に100万円投資しても5年間で2,500円(税引き前)の利益にしかなりません。

画像19: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

では、「投資信託」は?

画像20: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

「投資信託」は株や債券など、複数の商品を専門家が選び、投資・運用をしてくれる商品のこと。リターンは商品によって異なりますが、基本的にブレ幅があります。

画像2: リターンが高いものは、リスクも高い
画像21: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

ちなみに投資の世界には2羽の鳥がいます。「リスクが少ないのに、すごい儲かる」というサギ(詐欺)。「リスクが高いのに、リターンが低い」商品を買うカモです。小野さんも気をつけてくださいね。

画像22: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

こわい……。増やすどころか一瞬で資産がなくなってしまいそうですね。

画像23: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

そう、小野さんがイメージするような大きい額が「絶対に儲かる」と持ちかけてきたら、きっとサギの方でしょうね。

〈図〉資産運用に潜む2匹の鳥

画像: リスク・リターンで言うと、サギは左上、カモは右下。どちらにも引っかからないように要注意…。

リスク・リターンで言うと、サギは左上、カモは右下。どちらにも引っかからないように要注意…。

素人必見!投資の基本3原則

画像24: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

リスクが小さい「貯預金」はリターンが少ないし、リターンの大きい「株式」はリスクが高いし。おまけにうまい話は、詐欺だなんて……。何だか、投資をする気がなくなってきましたよ。

画像: 素人必見!投資の基本3原則
画像25: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

まぁまぁ(笑)。残念ながら、何事においても“美味しすぎる話”はあり得ません。しかしながら、「大きな損はしない安全な投資法」なら教えて差し上げられます。

画像26: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

え、それを教えてください!!

画像27: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

はい。ではまず、小野さんはエスパーですか? 凡人ですか?

画像28: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

……エスパーではないので凡人だと思います。

画像29: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

よかった(笑)。凡人でしたら、まずは「分散投資」がオススメです。エスパーならば、儲かる商品だけ購入すればいいのですが凡人には難しいですよね? そこで、投資先を分散して、仮に1つの商品が下がっても、他の商品が上がってくれれば、トータルでプラスになるのをねらいます。

画像30: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

よく聞く「リスク分散」というやつですね。

画像31: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

はい。続いて、2つ目は、時間を分ける「積立投資」です。こちらは毎月、決めた一定額を投資する方法です。イメージとしては、積立定期預金の投資バージョンだと思ってください。

画像32: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

なるほど、わかりやすいです。

画像33: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

そして、3つ目は、長く続ける「長期運用」です。分散投資をしたとしても1年のスパンではプラス・マイナスどちらになるかは予測がつきにくいものです。しかし、10年のスパンで見てみると、マイナスの年をプラスの年が補うので結果的にはプラスになっている可能性が高いのです。

画像34: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

持っている期間が長いだけでプラスになるってことですか?

画像35: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

ええ、そうですよ。この図を見てみてください。投資信託を1年間保有した時のリターンです。緑が年率の最も良かった年、赤が年率の最も悪かった年ですね。

〈図〉1年間保有した時のリターン

画像: ※国内債券型、国内株式型、海外債券型、海外株式型という4種類の投資信託に、4分の1ずつ均等投資した場合。 ※追加型株式投信(約5,800本)を対象としたファンドタイプ毎の指数。ファンドタイプはQUICK独自の分類。 出典:QUICK、期間:2014年2月末~2019年2月末

※国内債券型、国内株式型、海外債券型、海外株式型という4種類の投資信託に、4分の1ずつ均等投資した場合。
※追加型株式投信(約5,800本)を対象としたファンドタイプ毎の指数。ファンドタイプはQUICK独自の分類。
出典:QUICK、期間:2014年2月末~2019年2月末

画像36: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

かなりリターンにブレがありますね…。

画像37: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

はい、これでもかなりバランスよく分散投資しているのですが、短期だとプラスになる時もあれば、逆に大きなマイナスになることが示されています。でも、10年間保有し続けると…。

〈図〉10年間保有した時のリターン

画像: ※国内債券型、国内株式型、海外債券型、海外株式型という4種類の投資信託に、4分の1ずつ均等投資した場合。 ※追加型株式投信(約5,800本)を対象としたファンドタイプ毎の指数。ファンドタイプはQUICK独自の分類。 ※各月末を基準に、10年前からのリターンを年率換算した値。 出典:QUICK、期間:2014年2月末~2019年2月末

※国内債券型、国内株式型、海外債券型、海外株式型という4種類の投資信託に、4分の1ずつ均等投資した場合。
※追加型株式投信(約5,800本)を対象としたファンドタイプ毎の指数。ファンドタイプはQUICK独自の分類。
※各月末を基準に、10年前からのリターンを年率換算した値。
出典:QUICK、期間:2014年2月末~2019年2月末

画像38: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

キレイにすべてプラスですね!

画像39: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

これは2014年〜2019年を最終年としたリターンを年率でまとめたものなのですが、安定した成果が出ていますね。リーマンショックも東日本大震災も、保有期間の10年に入っています。将来、必ずこの通りになるとは限りませんが、長期で投資することの大切さがよくわかります。

「投資」とは成長していく企業にお金を預けること

画像40: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

ちなみに投資するには、どれくらいの資金が必要でしょうか? すべての商品に投資するとなると、かなりのお金が必要じゃないかと…。

画像41: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

小野さんは投資にいくら必要だと思いますか?

画像1: 「投資」とは成長していく企業にお金を預けること
画像42: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

そうですね……100万円くらいは…?

画像43: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

ブブー。正解は「100円」です。100円あれば、世界の株式や債券に投資することもできますし、証券会社によっては、毎日、毎週、毎月、積立投資することもできるんですよ。

画像44: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

なんと! すぐにやるべきじゃないですか?

画像45: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

must doですよ! ちなみに今では、スマホからワンコインで積立投資ができたり、クレジットカードのポイントで投資信託などを購入することもできる世の中なんですよ。

画像46: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

なんとなんと! なぜ、みんなやらないのですか?

画像47: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

「株価が下がったら私のお金は減るんでしょ? こわい!」という不安が払拭できないまま、始めるのは気が進まないからでしょう。今後、小野さんは生きている間にもっと便利な世の中になると思いますか? それとも、世界中が畑だらけになり、馬で移動する時代がくると思いますか?

画像48: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

前者であってほしいです。

画像49: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

そういう考えの方には投資がピッタリです。なぜならば、“投資する”というのは、成長していく企業にお金を預けるということ。企業は、ボランティアではありません。投資家から集めたお金で、新しいサービスやモノを開発して売り上げを上げていきます。治らなかった病気を治す薬を開発したり、あした本が届くサービスを作ったり、おいしいお菓子を作ったり! みんなが「いいね!」と思った会社の株は上昇し、さらに安心、安全、便利な世の中になっていくのです。これが経済の成長へと繋がっていくわけです。

画像50: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

だから、株を長く保有しているとプラスになりやすかったんですね。 少しずつ投資のしくみを理解してきました。

画像2: 「投資」とは成長していく企業にお金を預けること
画像51: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

それは良かったです。今日は特別に私の資産運用を少しだけ、チラ見せしましょう。投資信託で12年間、積立てていただけで……。

画像52: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

投資総額1,300万円が……2,400万円に!?

画像53: 素人が覗く!トウシの真相#1「絶対に儲かる投資」ってあるの?

ホホホホ。これも「分散投資」「積立投資」「長期運用」を守っただけですよ。次回、この原則について詳しくお教えますね。

撮影/小島マサヒロ

この記事の著者

小野洋平

1991年生まれ埼玉県育ち。編集プロダクション「やじろべえ」所属。服飾大学を出るも服が作れず、ライター・編集者を志す。お札を折りたくないので長財布派ですが、お札はあまり持っていません。
Twitter

This article is a sponsored article by
''.